アデニウム板橋浮間公園

板橋区浮間舟渡マンション|アデニウム板橋浮間公園
埼京線のマンション|池袋・新宿・渋谷直通マンション

外観

洗練されたデザインを纏い、存在を表すレジデンス。

この地に新たな景観を創り出す、
スタイリッシュで優雅な邸宅。

駅前に広がる浮間公園の、季節ごとに美しい景観を魅せる池畔や並木道を通り抜けたすぐ先に誕生する「アデニウム板橋浮間公園」は、都心とダイレクトにつながり、潤いで満たされるライフステージにふさわしい、スタイリッシュで優雅な邸宅デザインを目指しました。明るいアイボリー調のタイルを用いた外観意匠は、バルコニーの水平ラインを強調することで建物のフォルムをシャープに演出し、2色のガラス手摺と住戸間の縦格子が表情にアクセントを加え、洗練された佇まいを創り出します。

街との結界性を創り出し、
住まう方を出迎えるエントランス。

エントランスは、品格を湛えた邸宅としての顔を創り出すことで街並に存在感を表し、住まう方や訪れる方を優雅に出迎える空間として演出しました。通りから奥行きをもたせたゆとりのある空間に黒ルーバーの庇を設えることで、街との結界性と視覚的な広がりをもたせています。また、エントランス側壁には素材感のあるボーダータイルをエントランスホール内まで連続して使用することで、自然に奥へと誘われるようなデザインとしました。

外観立面

※建物を西・南の各方向から見た立面図を一列に並べたもので、実際にこのように並ぶものではありません。

エントランスホール

視線の連続性をもたせ、私邸へと優雅に誘う空間。

ゆったりと寛げる"迎賓の間"を演出、
自然な風合いの素材が外から内へと導く。

プライベートな時間へのプロローグとなるエントランスホールは、静穏なひと時が流れる上質な空間を目指しました。奥行きのあるスクエアな空間の中央にワイドなソファを配し、住まう方同士が寛ぎ、交流できるラウンジとして演出。壁面にさざ波と波紋を表現したタイルや木目調のルーバーを、床には濃淡2色の木目調タイルを採用し、浮間公園や荒川など自然豊かな周辺環境との調和を追究したデザインとしました。

エントランスから中庭へとつながる空間のシークエンスを描く。

奥行きのある敷地形状を活かしたマスタープランは、2棟の建物の間にセキュリティで守られた中庭を計画するなど、景観や動線に配慮しました。エントランスホールには、南北両面に大きなガラスを配して中庭と歩道側への視線のつながりを創り、周辺環境との一体感を得られる設えにすることで、内に居ながらも季節ごとの樹々の潤いと、時間とともに変化する自然光を感じられる、やすらぎの空間を演出します。

中庭

自然景観を邸内に抱き、四季の潤いを奏でる中庭。

公園の水辺や大河の景観とのつながりを
枯山水で表現し庭園風景を創る。

敷地全体を多様な植栽で彩り、緑豊かなランドスケープを実現しました。セキュリティに守られた中庭では、日常に潤いをもたらす美しい景観を創出。自然のもつ静けさや荒々しさと、樹々の間に水が流れる風景を枯山水で表現し、荒波を模した平石敷、さざ波を模した砂利敷、アクセントとなる景石などを配した印象的な庭園が、日々の暮らしに落ち着きと彩りを添えます。

サクラとモミジをシンボルツリーに、
春夏秋冬を身近に楽しむ四季彩計画。

枯山水の中庭に、春を染めるソメイヨシノ、晩秋に色づくイロハモミジを中心とした、色とりどりの植栽でつくる四季彩計画が、一年を通じて暮らしの風景を彩ります。季節ごとに移ろいゆく自然の息吹とともに暮らす住まいが、潤いに満ちた大切な日常をかなえます。

中庭

※掲載の植栽写真は全てイメージです。
※掲載のイラスト・CGパースは企画段階の図面を基に作成したもので、実際の建物・周辺環境等とは異なります。植栽は、特定の季節やご入居時の状態を想定して描かれたものではございません。また家具・調度品等も計画段階のもので今後変更になる場合がございます。掲載の参考写真・イメージフォトは当物件とは関係ありません。掲載のイラスト等の色調は、実際のものとは異なります。掲載の情報は、平成28年6月現在のものとなります。

  • BACK
  • 資料請求
  • 来場予約