PICK UPピックアップ

グッドデザイン賞受賞物件のデザイン監修など
様々な実績を持つデザイナー 原 和洋氏。

2019.1.11

image

今回「アデニウム亀戸 Tokyo Frontier」のデザインを手掛けるのは株式会社タクトスペースクリエイト原 和洋氏です。原氏はマンションやオフィスビルの建築デザインと共用施設内設計と共に、住宅、オフィス、物販飲食店舗、医療施設共用部等のインテリアデザインを多数手がけるおり、これまでにグッドデザイン賞、菊池寛賞、神奈川県建築コンクール優秀賞・奨励賞、等受賞作品のデザイン監修も担当しています。今回デザインを手掛けるにあたり、駅近邸宅として新たな存在感のある住まいを目指したと語られています。

image

個性的な素材とカラーリングで魅せる、
美しい邸宅。

外観はアースカラーをメインとし温度感を出しながらも、黒のタイルで強いコントラストをアクセントとして配しています。ヨーロッパの街並みでも用いられる配色は伝統、そして未来をイメージしたデザインです。また、「アデニウム亀戸 Tokyo Frontier」の外壁タイルや共用部の面材は凹凸をいかして、素材がもつ独特な風合いを感じさせるタイルを採用して固定的な意匠を実現しています。重厚でありながら、住む人の心が少し温かくなるような場所を目指し、デザインに取り組みました。

<デザイナー紹介>
株式会社タクトスペースクリエイト
代表取締役
原 和洋

※掲載の写真は2018年12月に撮影したものです。※掲載の情報は2018年12月現在のものとなります。