LAND PLAN長谷工グループの粋を
結集したプロジェクト。

外観完成予想CG 外観完成予想CG
外観完成予想CG
長谷工グループが大切に
残してきた地だからこそ、
私たちの総力を結集し、
「邸宅の理想」を目指します。

PROJECT

長年私たちが大切に見守り続けた地だからこそ、
長谷工グループの粋を結集した渾身のプロジェクトを。

株式会社長谷工コーポレーション
エンジニアリング事業部
第三設計室3チーム
チーフ 年友 涼祐
株式会社長谷工コーポレーション エンジニアリング事業部第三設計室3チームチーフ 年友 涼祐

この地は、私たち長谷工グループの管理会社・長谷工コミュニティが自社保有する総合監視センター「アウル24センター」として、自社保有マンションの居住者を長年見守ってきた地であると同時に、眼前に広がる多摩川の開放的な環境を見守ってきた場所です。私たちにとって大切な場所であると同時に、その環境を熟知しているからこそ、ご提案したかった居住性、さらにはずっと思い描いてきた河川敷環境にふさわしい意匠性、そのすべてを込めて誕生する、私たちにとっても久しく待ち望んだ、渾身のプロジェクトです。

DESIGN

外観完成予想CG
外観完成予想CG

リバーフロントのランドマーク
となる洗練されたデザイン。

白を基調とした爽快なカラーリング。ガラスパネルの透明感。空と水辺の開放的な環境に溶け込むと同時に鮮やかに映える意匠です。マリオンによる垂直ライン、アルミレールにより施した繊細な水平ラインが物語る都会的な美と存在感で、この開放的な環境を象徴する建築を実現します。

ディテールまでこだわり抜いた
素材×色彩の美しきコントラスト。

ランドマークとしてのデザイン性に美しいカラーリングのグラデーション、素材のコントラストを込めたことで、上質で深みある建物の表情を演出しました。広がる空を受け止めながら、美しいスカイラインを形成する、柔らかなカーブを描いた屋根のデザインが、ランドマークたる存在と、建築としての独創を物語ります。

MASTER PLAN

「南」を極めるために発想された
贅沢な配棟・マスタープラン

「全邸南向き」だけではなく、「全邸南面全面開放」にこだわり抜くため、2方道路角地の開放的な敷地に、贅沢なまでにゆとりある配棟を施しました。敷地北側の駐車場を平置き式とした開放感あふれる舞台です。

敷地配置イラスト
敷地配置イラスト
A
全区画平置き式でご用意した駐車場

駐車場は全13区画を平置き式とし、敷地全体の開放感を高めると共に、日常の車利用のしやすさに配慮しました。

B
全世帯分サイクルポート+
メンテナンススペースをご用意

レジデンスからすぐ多摩川河川敷サイクリングロードを利用できる舞台として、全世帯分のサイクルポートと、自転車用のメンテナンススペースをご用意。

C
エントランスホール正面から
眺めるラウンジガーデン

全面ガラス貼りとしたエントランスのその先に、アプローチの景観に潤いを与えるラウンジガーデンをプランニングしました。周辺、そして住まいだけではなく、そこに至るアプローチまでを、開放感と潤いで満たす計画です。

D
河川敷へ続く道の新しい景観を
創造するエントランス

住棟と独立させて、河川敷へと続く西側公道沿いに設けたエントランス棟。伸びやかなキャノピー、全面ガラス貼りの美しい意匠で、街並みに新しい美を発信します。

E
ペット足洗い場を設置

リバーフロントを活かしたペットとの暮らしを心地よく演出できるよう、敷地内にはペット足洗い場を設置しました。

南へ続く舞台に、新たなる四季の潤いを。

敷地内には、豊かな緑を配した植栽帯を配置し、さらなる潤いを醸出。中庭のラウンジガーデンと併せて緑量豊かな敷地を実現しました。

エゴノキ
エゴノキ
ソヨゴ
ソヨゴ
ヒラドツツジ
ヒラドツツジ

All image photo